若月法律事務所

若月法律事務所では、ドイツ及び日本双方への深い理解を有する日独バイリンガルの弁護士が、日系企業を中心に、ドイツへの進出サポート、及び進出後のトラブル解決に対するノウハウを提供するとともに、リスク分析を踏まえた予防的措置をも含めた法的サービスを提供しております。ご相談は随時日本語で受け付けております。 取扱い分野は、企業法務に関わる全ての分野、特に労働法や、商法、会社法をメインとしておりますが、マネージメント、コンプライアンス、訴訟、倒産、事業再生、不動産取引等に関わるご相談も、必要に応じて他の専門家と提携してお受けしております。 若月弁護士はフランクフルト高等裁判所及び東京法律事務所での司法修習期間を経て2001年にドイツ弁護士登録。数々の国際法律事務所に於いて在ドイツの日本企業に関する豊富な経験を積み、2012年にBig4と呼ばれる大手会計・弁護士事務所の法務部門、ジャパンデスク責任者に就任。2015年独立開業。

渥美坂井ヤンセン弁護士法人

フランクフルト事務所は、東京の渥美坂井ヤンセン外国法共同事業と連携し、日本及びドイツの企業法務に関するあらゆる法的助言をご提供いたします。特に、М&A、ファイナンス、バンキング、組織再編、投資等の商法・会社法関連の業務を専門としております。日本市場におけるドイツ系企業であれ、ドイツ市場における日系企業であれ、弊事務所のドイツ人弁護士及び日本人弁護士があらゆる法的問題に対応します。法的助言を日本語、英語、ドイツ語でご提供いたします。

ヒュッテ法律事務所

200社以上の在独日系企業のサポート実績を有し、会社法、労働法、M&A等を中心に迅速・的確なリーガル・サービスを提供しております。滞在・労働許可取得サポートも承っております。

ペータース法律事務所

主に労働法、商法・会社法、契約法、賃貸法・不動産法、滞在許可法等を扱っています。 国外法律事務所との提携も活かし、日本生まれ日本育ちの弁護士が日本語でサポート致します。